大学時代にやっていたアルバイトで

トップクラスに高時給だったのがコストコ。

大量のミネラルウォーターや海外製の洗剤を格安で売っているイメージですが、

最高のアルバイトと言っても過言ではなくて

 

まずスタート時点の時給が異常に高い!1300円とかでした。

なので休日ともなると休日手当が加算されたりして

時給が1600円を超えるなんてこともありました。

 

 

ただ大学生からシニア層まで多数が応募する人気のアルバイトなので

集団面接を突破しなければいけなくて、

倍率も大体3倍くらいはあるイメージでした。

 

大学で何を勉強しているのか、どんなサークルに入っているのか

どんな仕事がしたいか、などオーソドックスな質問ばかりですが、

各セクションの責任者が総出なので5人くらい面接官がいる感じでした。

真摯に清潔感を持ってテキパキ答えれば

あとは自分がやりたいことを理由も添えてしっかり伝える。

そうすれば必ず合格し、やりたいことが出来るセクションへ

配属させてくれると思います。

 

合格すると、会員カードみたいなものが貰えて

これがあればバイトじゃない日でも、買い物に行けるという最高な感じでした。

普通なら年間4000円とか払ってコストコに行くわけですから相当お得ですよね。

ちなみに会員カードを持った人のほかに、2人まで同伴の人が入れます。(子供はカウントしません!)

僕はフードコートのホットドッグが大好きで

それだけ食べに行ってましたね。

 

服装も自由なので、楽でいいのですが、

一つだけデメリットを挙げるとすれば

 

職場の雰囲気(僕が働いていたところだけかもしれませんが)

主婦の方がたくさん働いていらっしゃるので、

いじめみたいなのがあったのはよく覚えています。

 

僕が配属されたのは食品で、ずっとピザを作っていたのですが

ボスみたいな人が派閥を作って、気に食わない人を攻撃する

みたいなことはしょっちゅうありました。

 

セクションごとにしっかり分けられているのと

アルバイトの人も待遇が良いので、流動性が低い(バイトの出入りが少ない)のが

原因だったのかなあと思います。

なので最初にどこ配属になるのかが非常に重要だと思います。

 

ただそんなリスクを考えてもやって損はないアルバイトだと思います。

だって時給が1300円とかですから!

 

近くにコストコがある方はぜひ、内側から覗いてみると楽しいと思いますよ。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です